なめられてる?

今までに1600組以上の飼い主さん&愛犬に出会ってきましたが、なかにはたまに(割と?)「なぜこの飼い主さんにこの犬種なのかな……」と思う組み合わせがあります(笑)。

『ポンテ』は、とにかく明るくて元気な子犬でした。会いに行くととても喜んでくれて、興奮して部屋を走り回っていました。ここのお宅のトイプードル、本当にすばやいです!お顔なんて、ゆっくり見ることができません。飼い主さんは一生懸命捕まえようとしてくれましたが、捕
まらないと思います(苦笑)。

ポンテのほうはと言うと、たまにわざと飼い主さんにアタックして「ちょい噛み」しているようで、そのたびに飼い主さんは「痛いっ」と言っています。「待ちなさい!」と叫んではみるものの、伝わっているはずもなく……。だったら言わないほうがいいのになあ、などと思いながら観察していましたが、この様子では埒があかなそうだったので、私が捕まえることにしました。

走り回る犬を捕まえるときは、自分はまずできるだけ動かないで、相手(犬)の動きのパターンを読むことが大切です。じっと立って目で追っていると、次にどこに行こうとしているのかが見えてきます。動きが見えたときに、相手の行く手を数回ふさぐことができれば、観念する場合もあります。つまり、逃げずに「自ら止まって捕まってくれる」のです。

と、簡単に書きましたが、これには少々熟練の技が必要かと思います。後は、その人の資質でしょうか。私は、学生のころに卓球をやっていたのですが、それで培われた小さな玉の動きを見る力と、すばやく瞬間的に動く力が役に立っているのかもしれません(って、すごーく昔のことですが……)。

そんなこんなで、ポンテは無事に私の腕の中に収まりました。キョトンとした様子で、「何で捕まっちゃったのかな?」と思っているようにも見えました。そして、飼い主さんもキョトン。「あんなに速いの、どうして捕まえられるんですか~?」と不思議がります。

飼い主さんは、ちょっとぽっちやりめで落ち着いた感じの、穏やかな笑顔がすてきな飼い主さんでした。

抱きかかえたポンテを飼い主さんにお渡ししようとすると、私の腕の中で暴れ始めました。ここで少々教育的指導。私は、腕に適度な力を入れ、ポンテに自分の力強さが伝わるようにして顔をポンテの顔に近づけ、低い声でひと言「ヴ~」とうなりました。このときの力は、強すぎると子犬を怖がらせてしまい、弱すぎると子犬が自由にできると思って余計に暴れるので注意が必要です。

ポンテはブリーダーさんのところから来たので、ちゃんと親犬やきょうだい犬たちと過ごした経験があると見られ、このうなり声にはよく反応してくれました。まさに「ハッ」として私のほうを見上げたので、その後すぐに少し高めの声で「おりこうさん~」とほめてやりました。

このときになでてほめる人がいますが、なでられるのが嫌いな場合には罰になってしまうので、注意してください。とくに初対面の場合には、やさしい声をかけつつ、2~3回そっとなでるくらいがちょうどいいかと思います。